昼夜アロマで認知症を予防できるって本当!?【家庭の医学で絶賛!】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たけしの「みんなの家庭の医学」で、認知症に明るい未来が!

ローズマリー、レモン、ラベンダー、オレンジのアロマオイルで、認知症を予防し、認知症予備軍も正常に戻せるとテレビで紹介されていましたね。

そんな脳の若返りと認知症予防アロマが、オーガニックブレンドアロマとして新発売されました

そんな昼夜アロマですが、本当に効果はあるのでしょうか?

気になったので、口コミを調べてみました。

昼夜アロマの口コミ

物忘れも少なくなり夜も熟睡できるようになった
44歳 女性

最近、すごく物忘れがひどくなって、家族からも認知症じゃないかと心配されてました。

そんな時に、たけしの「みんなの家庭の医学」で、アロマが認知症に良い知りました。

早速、スマホで検索して、評判の良いハイパープランツの昼夜アロマを試してみました。

昼夜アロマを使うようになって、物忘れも少なくなり、夜も熟睡できるようになった感じがします

母の頭もスッキリしているような気がします
32歳 女性

実家の母が認知症気味なので、昼夜アロマをプレゼントしました。

国産原料の天然のアロマが最初からブレンドされていて、認証機関からの認定も受けているアロマオイルなので安心です。

アロマペンダントに入れたら2週間くらい持つので、コスパ的にも気に入りました。

昼夜アロマで、なんとなく母の頭もスッキリしているような気がします

記憶力や集中力も以前とは全然違う感じがしています
49歳 女性

仕事や人間関係のストレスで記憶力や集中力が落ちている日が多くなっていました。

そこで、昼用アロマをペンダントに入れてたら、頭がすっきりして爽快感があります。

記憶力や集中力も以前とは全然違う感じがしています!

夜用アロマもテラコッタに数滴落とせば、気持ちよく熟睡できて嬉しいです♪

朝と寝る前に使用していますがとてもリラックスできます
56歳 女性

昼夜アロマが認知症に効くとテレビで観たので、早速ネットで検索してみました。

この昼夜アロマはブレンド済みで、料金も良心的だし、香りもすごくいいです。

私はデフューザーを使って朝と寝る前に使用していますが、とてもリラックスできます

嗅神経が認知症予防の鍵になるとテレビで言っていたけど、とりあえず購入して正解でした。

ヒーリング効果なのか朝までぐっすり眠れました
45歳 女性

昼と夜のセットなので、ブレンドする手間もなくて使いやすいです。

昼用はペンダントに入れてますが、仕事で忙しくても良い香りが幸せ気分に変えてくれます。

夜用はテラコッタに数滴垂らし枕元に置いてますが、ヒーリング効果なのか朝までぐっすり眠れました

とっても気に入ったので、今度は母の認知症の予防に2セット目を購入しました。

テレビを観たり母や私に話し掛ける様になったんです
51歳 女性

認知症で介護施設に通っている父にプレゼントしたら、早速効果があって喜んでいます。

いつも施設から帰った父は、すぐに布団に入るのですが、昼夜アロマを使い始めて1週間で変化が現れました。

最近では、施設から帰ってもテレビを観たり、母や私に話し掛ける様になったんです!

介護施設のスタッフの方にも、良く喋ってくれるようになりましたよ~♪って言われます。

口コミのまとめ

多くの皆さんが、物忘れも少なくなり夜も熟睡できるようになった頭がスッキリしている記憶力や集中力も以前とは全然違う朝までぐっすり眠れる認知症の父が母や私に話し掛ける様になったなど、昼夜アロマの効果を実感されているようですね。

昼夜アロマのお買い物情報

昼用アロマと夜用アロマの使い方

昼用アロマは、ローズマリーとレモンのアロマを、2:1の比率で配合されています

午前中に2時間以上嗅ぐだけで、朝の動ON交感神経にスムーズに脳が切り替わってくれます

ピタッとアロマシールの布側に2~3滴垂らし、それを衣服に1枚~3枚くらい貼るだけです。

夜用アロマは、ラベンダーとオレンジのアロマを、2:1の比率で配合されています

夜寝る1時間くらい前から2時間以上嗅ぐと、夜間の静OFF副交感神経に脳を切り替えてくれます

ひつじのテラコッタに2~3滴たらしたり、アロマフットランプの電球の熱でアロマオイルをあたため、ゆったりとした気分の芳香成分を発揮します。

なお、お部屋の大きさに合わせて、ひつじのテラコッタにたらす目安は、たたみ1畳に対して1滴を目安にしてください。

昼用アロマと夜用アロマは、どちらも10ml入っています。

1滴で約0.05ml出るので、1本で約200滴分です。

例えば、毎日それぞれ3滴使う場合は、1セットで2か月以上は使用できます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする